クリエイティブ

【手描きからデジタルへ】
アナログ人間がiPadProを使った感想・感じたメリット

初めてiPadProを使ってお絵描きした感想・メリット

こんにちは!kanakoです♪

今回は、絵を描くのが好きな人へ向けて、アナログ描きだった私が
デジタルツールを使い始めた理由と、その良さをまとめてみました😀

なぜなら私、IT企業・SNS広告会社などに勤めていたくせに
自分の趣味で絵を描くとなると、
手描きがらくちーん♪と思って
当初まったくデジタルには手を出さなかったからです。

それは主に、以下の理由が漠然とあったからでした

・デザイナーじゃないし
・プロでもないしな
・イラレ、フォトショは苦手だし(もしくは使ったことないし)
手描きならではの筆使いは、デジタルじゃ無理でしょ

特に色塗りが好きな人、
コピック何色も使っている人なんかは
最後の理由でやっぱり手描き!となる方も
いまだに多いんじゃないでしょうか

私はとあるきっかけから、上記の考えを持ちつつ、
iPadProを購入した結果、

 

趣味であっても、これは絶対にあって損しない!

いや、絶対あった方がいい!!

幅が広がるっ💕💕✨

 

って思うようになりました

 

そのメリットを紹介します(^^)

ちなみにここでお話する内容は、プロではなく
お絵描き好きな一般の方向けです🤗

iPadで絵を描くメリット

私は「iPad Pro」 9.7インチ・ローズゴールドを購入しました

本っ当にあらゆる場面で使えます!

  1. 下書きから色塗り仕上げまで、すべてタブレットとペンでOK
  2. いつでも消せる!「戻る・進む」がスムーズ!!
  3. 軽いので持ち運びやすい、どんな場所でも描ける
  4. SNSアイコン、LINEスタンプ、マンガ、様々な用途にも
  5. 描いたものをそのまま端末保存 or アップできる
  6. トレース機能!!

下書きから色塗り仕上げまで、すべてタブレットとペンでOK

タブレット1枚・ペン1本ですべてを兼ねるって本当すごいことですよ。
分かっていても、アナログ人間はこのあたりから文明のすばらしさに泣き始めます。

参考画像をスクショ撮って横に並べたり、
直接キャンバスにレイヤーとして置いたりできます

物事のスピードが飛脚から新幹線になったくらい
加速的な変化を感じます

そう、

iPadならね

 

とかめちゃ言いたくなる気持ち分かります

 

軽いので持ち運びやすい、どんな場所でも描ける

私のタブレットは、9.7インチのローズゴールドという可愛いiPadProです

重さは437g、従来のiPadより重い説もありますが
個人的に超軽いし持ち運びやすい!

だって、比較対象が

シャーペン・製図ペン・スケッチブックとかですよ!

 

コピック72色とかですよ!!!

それ全部を、
わずかペットボトル1本と同じ重さで持ってたら

ねぇ、

もうそりゃ旅に出たくもなりますよ!

 

あ、ちなみに私のはWi-Fiモデルなので、

大体スタバで使ってます♪

SNSアイコン、LINEスタンプ、マンガ、様々な用途にも

あとから紹介するメディバンペイントアプリ
こちらはもともとLINEスタンプを
作成するにぴったりな規格サイズが
デフォルトで用意されています

メディバンペイントLINE
マンガ用の原稿用紙があったり、
コマ割りがあったり、
マジで無料かこれ?と疑います

マンガ系イラスト好きな方は
もうそれだけでワクワク(⋈◍>◡<◍)。✧♡
創作意欲がわいてくるはずです😊

描いたものをそのまま端末保存 or アップできる

スマホで撮って、の必要なし!
制作過程も保存したければ、
スクリーンショットで!

png・jpeg形式で
そのまま端末ないしはクラウドに保存できてしまう♪

iPhoneじゃなくたって、GoogleドライブやDropBoxなど
とにかくすぐに共有したいときにも、めっちゃ便利デス!

私は書いた絵をFacebookでアップしていましたが、
文章はPCかスマホで、ささっと書きたいと思っていました

そんなときすぐに共有できるツールがあると
めちゃスムーズでした💖

トレース機能!!

最強はやはりこれですね

な・ぞ・る!!

 

う・つ・すっ!:.゚ヽ(◕∀◕)ノ゚.:。 ゜ヘイッ!

 

手描きをiPadに取り込むのはもちろん、

  • イラストをトレース
iPadプロメディバンペイントでイラストをトレース
  • 写真をトレース
iPadプロメディバンペイントでローラの写真をトレース
  • イラストと写真の組み合わせ
iPadプロメディバンペイントでイラストと写真を組み合わせたもの
  • 写真と写真の組み合わせ

iPadプロメディバンペイントで写真同士を組み合わせ
こういう卒業式休んだ系の組合わせも
すぐ作成できてしまうのだっ💛

iPadで絵を描く、デメリットはほぼなし!

デメリットはほっとんどないに等しいと
個人的には思いますが、あげるとすれば、

・なぞってるだけで、うまくなった気分になってしまう

・慣れるまで多少下手になるときもある(特に彩色)

・質感ではなく触感を求めるなら、本物の紙とペン!

くらいでしょうか。。

■なぞってるだけで、うまくなった気分になってしまう

たとえばこんなポーズも

本物をなぞっただけ
(詳しい方法は別で紹介します^^)

なぞってしまえば

ipadプロでなぞった

ぬゎんでもできるー!:.゚ヽ(◕∀◕)ノ゚.:。 ゜ヘイッ!

ipadプロでなぞった絵

ので、本気で画力をあげたい人は

人間の骨格やポーズを描きまくって自力で上達させないと
永遠に元絵がないと描けないことになります笑

でもまぁ、この記事は本気でプロ目指す方向けではなく
趣味で楽しみたぁいっ(*´∀`*)て方向けなので
そんな気にしなくていいでしょう

大体の方は、私と同じく感動しながら楽しみながら
使っていけると思います😘😘

■慣れるまで多少下手になるときもある(特に彩色)

本当はこんな感じにしたいのに

色の塗り方わかんなくて
ペタッとしすぎたり、

とにかくエアブラシ使いまくって
よく分からないテイストになって

「初心者がツール使ってみたけど
かっこつけようとして逆に振り回された感」
とか、出たりもします

■質感ではなく「触感」を求めるなら、本物の紙とペン!

なんといっても筆使いは、やはり本物の触感には叶わないです。

十分デジタルでも満足なレベルのですが、
紙の素材も、絵筆ならではの質感活かしながら作品を作りたい人は
アナログやりつつ、アップするときのみデジタルがいいですね

また、やり直し効かないアナログこそ
ライブ感あふれた作品になりますので

iPadでお絵描きするために使っているアプリ

▼お絵描きツールといったら、Procreate(プロクリエイト)

Apple直営店では無料でワークショップを行っていますが、
絵を描く系講座で使っていたのが、このプロクリエイトです


Procreate (4.2.4)
価格:1200円 (2018/12/29)
互換性:iOS11.1以降 iPad対応

1200円の価値は十分にあります

指2本タップで「戻る」、3本タップで「進む」
とか知ったときには、アナログ原始人発狂しました

▼マンガ系、イラスト、LINEスタンプなど

よりマンガ風に寄せたければこちらメディバンペイント

メディバンペイント - 豊富なブラシ・トーンが無料で使える
メディバンペイント– 豊富なブラシ・トーンが無料で使える
posted withアプリーチ

こちらにツールはAppleの人知らなかったなぁ
(一時期めちゃ直営店に通って聞きまくっていた)

まとめ

ざっとですが、ずっと手描きだった私が
デジタルにして受けた恩恵を
述べさせていただきました٩(。•◡•。)۶

今は個人でどんどん発信できる時代!

プロかアマかのくくりだけではないので
是非こういったツール使って楽しみながら
好きなことどんどん広げていきましょうっ╰(*´︶`*)╯

少しでも、迷っている方の参考になったら幸いです☺💕

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です